読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深夜国アーカイブ

思い出を埋葬するばかりです。

'16年5月に消費したコンテンツの記録

今月は多い......。(就活でストレスが溜まったので暴飲暴食してしまった)

 

映画

レヴェナント:生魚シーン好き。迫真の演技で見ていて辛い。ただオチはあんまり...。

アイアムアヒーロー:骨太ゾンビアクションで大満足。エヴァ1話みたいな精神世界。

脱出:いろいろ狂っていて面白かったけどもイマヒトツ。

ズートピア:今月で最高だったかも。上戸彩の声が可愛すぎるのでは。

アントマン:アクションパートは大満足。説明パートは長くて残念。

変態仮面(AC):クレしんと愛のむき出しを足して2で割った印象。小ネタがウケた。

呪怨:今見ると俊夫メイクで笑ってしまう。血みどろメイクの造形はよかった。

リング:呪怨より好き。目のアップ怖いですね...。

殿,利息でござる:コメディかと思ったけど、予想より奥行きがある話でかなり好印象。

黒い十人の女:初めての市川崑コントラストの強い白黒ってやっぱカッコイイ。

パトレイバー(実写1作目):TVアニメ尺で見たかった話。

パトレイバー(首都決戦):まぁ押井だしなって。

ガルムウォーズ:まぁ押井だしな!って。設定とグラフィックは好み。

茄子(スーツケースの渡り鳥):2回目。相変わらず淡々としていて、こういうの大好き。

ファイトクラブ(n回目):分かります!好き。良さを再確認した。

姑獲鳥の夏:これはチープだったけど、実相寺監督作をもっと見たいですね。奇抜。

 

 一位はズートピア。次は殿利息でござる。ワーストはガルムウォーズですね。他、レヴェナントとアイアムアヒーローが光ってた。レヴェナントは全体的に満足なんだけど、最後のオチだけ監督の好みが反映されていて若干気持ち悪かった。アイアムアヒーローは外国ゾンビ映画に負けない、むしろ凌駕する部分もあった骨太さが最高だったと思う。ただやってることは「弱い中年が大切な人を傷つけられて奮起する」という、どこかで見たような邦画のいつものパターン。原作をそういう方向に改めたんだろうけど、僕はあまり好きじゃなかった。有村架純長澤まさみの演技も自然じゃなかった。お話の面ではちょっと惜しいな...って。

 それにしても邦画をたくさん見た。変態仮面アブノーマルクライシスとか。これグラフィック班がすごく頑張ってるのが分かったし、ちょこちょこ挟まれるスパイダーマンの小ネタが面白くて、ワンシーンごとにちゃんと作ってるんだなぁって感心した。エンドロールのアニメーションもそれ自体で作品になるくらいクオリティが高くてびっくりした。邦画がんばれ!って感じ。

 

 

 

小説

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん:良い仄暗さ。ただし悪文。トリックは冴えてる。

夜までに帰宅:一晩で読んだ。キャラが薄っぺらいけど許容範囲。ライトに面白い。

水車館の殺人:十角館より好き。雰囲気は上々。ただ水車である必要は...?

隠蔽捜査(2回目):相変わらず警察小説なのに泣ける。傑作だと思う。

月夜の島渡り:幻想と現実との間のグラデーションが絶妙で美しい。

 

 月夜の島渡りが今期一でした。本当にきれいな描写だし、でも現実も陰惨な事件起きてるしで、いい体験だった。

 闇が深い小説ばかり読んでいて自分が心配になる昨今。でもハマってる時期に読まないとねって。

 

 

 

音楽

8otto「HYPER, HYP8R, HYPER」「Real」:今月はこれだけ。

 

 8ottoかなりいいですね...…Realの徒夢がいい……。いっぱい聴きこまなきゃ。まだまだアルバムを借りる必要がある。

 

 

 

マンガ

夏の彗星(西島大介):SFっぽいスッキリした良さ...。ただ音楽薀蓄的な部分はダメだ。

萌葱(須藤真澄)(1):んーかわいい。話もまぁ良いこと。

hなhのA子の呪い(1):次巻が楽しみ。

葬送のリミット(1):これも次巻が楽しみ。話がどう動くのか。

カガクチョップ(3):飽きてきた。単行本ではなく月刊誌で読むべきなのでは、と。

いぬやしき(4-5):相変わらず面白れぇ...。ただコマがデカくてすぐ読み終わる。

中2男子と第6感(1):大変エッチだわ...。ただしみったれ過ぎていてな...。

 

 いろいろと短編集に手を出してみようという試み。当たり外れが大きいなぁ...。人から借りた葬送のリミットとhなh子が本当に面白いですね。次巻が楽しみになる作品はいいやつだなぁって思います。

 

 

こんげつはこんなところで一つ。