深夜国アーカイブ

思い出を埋葬するばかりです。

ヒト滅亡後の尾道の猫と廃墟

よく分からないサブタイトルですが、ただの旅日記です。

6月末に休日出勤の振り替えで3連休が作れたので広島まで行ってました。

f:id:m_samukawa:20170715225655j:plain

f:id:m_samukawa:20170715225713j:plain

f:id:m_samukawa:20170715225744j:plain

新横浜→福山乗り換え→三原→尾道という旅程。

宿は三原。翌日に大久野島まで行くため。

 

f:id:m_samukawa:20170715225728j:plain

糸崎というところの車窓。

 

f:id:m_samukawa:20170715225846j:plain

「適当に山の方向へ行けばエモい風景が出てくるだろ?」と、尾道駅北口の民家と民家の間の適当な坂から適当に入山(この時には想像を超えるガチ登山になるとは知る由もない)。

 

f:id:m_samukawa:20170715225853j:plain

想像を超える廃墟が連発し、すぐに「これは何か違うぞ」と気づく。

 

f:id:m_samukawa:20170715225859j:plain

f:id:m_samukawa:20170715225818j:plain

f:id:m_samukawa:20170715225826j:plain

f:id:m_samukawa:20170715233734j:plain

廃墟しかないじゃないか……

 

f:id:m_samukawa:20170715225906j:plain

どこなんだここは……

 

f:id:m_samukawa:20170715234428j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230323j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230303j:plain

背後からやってきてそのままどこかへ去っていった猫。警戒する素振りもない。

 

f:id:m_samukawa:20170715234453j:plain

ヒトの代わりに猫がいる。なんだここは……

 

f:id:m_samukawa:20170715225838j:plain

ちょっとずつ尾道っぽい通りになってきた。

 

f:id:m_samukawa:20170715225832j:plain

ア!あ!それっぽい~~~~!!!!

 

f:id:m_samukawa:20170715234511j:plain

尾道っぽい~~~~!!!

 

f:id:m_samukawa:20170715231724j:plain

こんな具合に歩いてたら今度は山深くなってくる。

 

f:id:m_samukawa:20170715231718j:plain

斜度45度くらいある。(アホかと)

 

f:id:m_samukawa:20170715230706j:plain

城が出現。

 

f:id:m_samukawa:20170715234601j:plain

管理者 山崎

 

f:id:m_samukawa:20170715230712j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230719j:plain

なんだこのパンクな世界観は……

 

f:id:m_samukawa:20170715230727j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230744j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230751j:plain

ヒトが滅んだ後に初めて来た夏にタイムスリップしたかのような風情。

 

f:id:m_samukawa:20170715230758j:plain

まぁ飼い猫いるんですけどね。

 

f:id:m_samukawa:20170715230806j:plain

f:id:m_samukawa:20170715235858j:plain

f:id:m_samukawa:20170715235904j:plain

展望台があったが、上にカップルが1組来ていたようなので登らなかった。

 

f:id:m_samukawa:20170715230813j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230820j:plain

 

f:id:m_samukawa:20170715230827j:plain

のぼりが多すぎる千光寺。

 

f:id:m_samukawa:20170716002007j:plain

f:id:m_samukawa:20170716002051j:plain

夕方に来たので一番いい所が閉まってました。

 

f:id:m_samukawa:20170715230833j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230841j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230847j:plain

 

f:id:m_samukawa:20170715230854j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230901j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230907j:plain

この時間帯になると猫はみんな眠そうな顔をしていた。

 

f:id:m_samukawa:20170715230913j:plain

千光寺の周りまで来ると毛並みが整った連中が増えてきた。

 

f:id:m_samukawa:20170715230920j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230659j:plain

今回最もフォトジェニックだった猫ら。

 

f:id:m_samukawa:20170715233317j:plain

f:id:m_samukawa:20170715233415j:plain

あやしい占い屋

 

f:id:m_samukawa:20170715232202j:plain

f:id:m_samukawa:20170715232220j:plain

f:id:m_samukawa:20170715232225j:plain

f:id:m_samukawa:20170715232239j:plain

f:id:m_samukawa:20170715232326j:plain

舗装道といい、猫の出現率といい、こっちのルートが正解だったっぽい。

 

f:id:m_samukawa:20170716000737j:plain

f:id:m_samukawa:20170716002434j:plain

f:id:m_samukawa:20170716002419j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230853j:plain

f:id:m_samukawa:20170715232439j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230733j:plain

山から下りるとエモめな通りに出ます。

 

f:id:m_samukawa:20170715232754j:plain

f:id:m_samukawa:20170715232800j:plain

f:id:m_samukawa:20170715232808j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230959j:plain

毛並みがとてもよい。

 

f:id:m_samukawa:20170715230930j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230919j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230936j:plain

f:id:m_samukawa:20170715230925j:plain

首が折れた狛犬

 

f:id:m_samukawa:20170715230942j:plain

謎石。

 

f:id:m_samukawa:20170715230950j:plain

f:id:m_samukawa:20170715231011j:plain

寺の真上をロープウェイ乗り場がガツンと侵すパンクな演出がありました。

 

f:id:m_samukawa:20170715231005j:plain

この先も怪しい通りが続くのでしょうが行きませんでした。こういった異空間への入口は地方ではよくあるものです。

 

f:id:m_samukawa:20170715231041j:plain

この日はじめての食事。仕事のストレスで聴覚過敏が出ており、店員さんの大声が響いてつらかった。ラーメンは濃い目の醤油で、なるほど、ご飯とよく合う。チャーシューがうまい。店の名前は忘れた。

 

f:id:m_samukawa:20170715231026j:plain

f:id:m_samukawa:20170715231035j:plain

f:id:m_samukawa:20170715231020j:plain

人通りがほとんどない街。

 

f:id:m_samukawa:20170715231049j:plain

窓から覗く佐藤の象。

 

f:id:m_samukawa:20170715233241j:plain

f:id:m_samukawa:20170715233244j:plain

海辺の通りまで来ると、活気づいた居酒屋がいくつか並んでいた。涼しげな格好をした男女が窓辺でお酒を飲んでいる。それを見ていると「ここの人たちはこの風景を見ながら食事を楽しみ、酒を飲み、一瞬の夏を何度も繰り返すのだなぁ…」などと感慨深かった。写真じゃうまく撮れなかったけど、海の向こうにはド派手な「パチンコ」のネオンが明々と灯っており、地方終末の一端が垣間見えた。

 

'17年5-6月

元気が無いので今月はほとんどメモ帳です。

 

映画

スプリット:前作あるの知らんかった。

メッセージ:説明が少ないのがいい。こういうのがウケてほしい。

皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ:情けない人しかいなくて癒し。

BLAME!:ズルのヘルメットを脱ぐシーンが一番好きです。

パトリオットデイ:ハイテク知識階級が強すぎる。

夜明けを告げるルーのうた:ぼろぼろ泣いた。

ハクソ―リッジ:異常者。

ジョン・ウィッグ2:もっと殺せ。

ゴッドファーザー:婚約者が車ごと吹っ飛んで笑った。

バイオハザード:わんわん怖い。

ボーンアイデンティティ:スナイパー戦の出来がすごい。あれだけで感動した。

ゴンドラ:オナニー感が強くて嫌い。眠い。

 

小説

月世界小説:頭パーになるハッピーエンドが最高。

 

 私は映画を見たり本を読んだりすると手帳にとにかくメモる習慣がある、いや、あったのですが、今月はそれをあっさりと失念してまして。『アレ?これ見たよな…』という具合。なんかもうちょっと映画とか見たような気がするけど。なんだろ。このところ記憶に残らない日々を送るばかりで、豊かさというものがまるで実感できません。

 

'17年4月

東京に出てきてからというもの、新作ばかり見てしまう。新作がやってるからね。石川とは違うんだな。

 

映画

裸足の季節:ただただ尊い…と思いながら見ていた記憶がある。私の好きなショットなんですが、姉妹の生足が絡み合ってるところですね…。あとトラック野郎が好きです。映画に出てくるトラック野郎はなぜあんなに気持ちのいい人たちばかりなのだろうか。何なんだそのイメージは。あとはですね…性的虐待の映し方が直接的じゃなくて大変よかったですね。『あっ…(察し)』って感じえろい。

トリプルX再起動:自分には合わなかったです。こればかりは相性の問題というか、自分は『ハゲがたいして面白くもないのにニヤついてばかりいて、それでいてなぜか美女にモテる』というような印象にしかならなかった。せめて美女がキレイな人だったらいいんだけど、あんまりり合わなかった…。アクションは大変すばらしい。すごい。スタートのスケボーのシーンからめっちゃカッコいい。

ハードコア:3D酔いした。仕事終わりに新宿駅からバルト9までダッシュしたのが行けなかった。劇場に着くころにはもう汗だくで目がチカチカしており、当然ドリンクを買う時間もなかったからノドがカラカラで、上映30分で『外に出たい…キモチワルイ…』って感じになってた。映画の内容は『ここ最近で一番よかった…!』って思った(いつもの)。馬鹿アクションとの前評判だったが、そして実際馬鹿アクションなのだが、予想外にストーリーがシンプルかつ王道といった具合で、私はクイーンのDon't stop me nowが流れたところで泣きそうになってしまった。心の中で「いっけぇ!!!!」って叫んでた。私見ではターミネーター2シュワちゃん目線の一人称視点映画って感じでエモい。

狂い咲きサンダーロード:寝落ちしたので見てません。

少女:百合。「うーん…百合」としか言いようのない感じ。いいよね。白雪姫殺人事件みのある百合だった。ただ地味。おもしろいかと言われると地味すぎるかなと。

自殺サークル:あんま覚えてない。期待損したような気がする。

T2トレインスポッティング:最高ですね。ここ最近で一番よかった。本当に最高だと思った。この映画は完璧ではないかと。なにが友情だ、友情なんて人間の弱さの前では本当に儚い…そういうメッセージを正面から突きつけてくるのに、最後は友情?腐れ縁?という関係に収まっていくのが、なんかすごい泣けてくる。人生は映画のように2時間で終わらないし、ダラダラ永遠のように続くいくし、人間関係もダラダラ続いていく。映画のように完結的な物。そんなもの本当は無いんだなぁ…などと思ってました。一瞬の生きている実感を共有して、互い慰め合っていくしかできない人間関係が本当に身につまされる。なんかいろいろ高校時代・大学時代を思い出す。1と2合わせて大学生に見てもらいたい映画って感じ。

Ghost in the Shell (スカヨハ):良くない映画ですね…。よくできたファンムービーであり、ショットの模倣が素晴らしいのですが、押井のGISとは異なる点が軒並み良くない。なんか違う…って感覚が脳裏にずっとへばりついてくる。なんのために存在してんだこの映画…などと考えさせられてしまう。もうあんま面白くない。映像技術はすごいんだけど、映像技術がすごい映画は他にもたくさんあるから。

Ghost in the Shell (押井):「あれ…GISってこんな話だったっけ?」と思って見返した。やはり出来が良すぎる…。なんでこんな良すぎるの…って感じ。何もかもが良いのだが、特にキャラクターの立ち方がハンパではない。みんな何かしら哲学を持って生きてそう。ディスク超ほしい。

Stand Alone Complex:荒巻が政治家相手に説教するシーンで吐きそうになった。神山健治に対して『なんだこいつ』って感情が高まっただけだった。光学迷彩のアクションなんかはまぁいいんだけど。そこだけ。

楽園追放:ガバガバでつまんねーSF見た後だと、ガバガバだけど面白い映画を面白く感じられるのが良いと思った。あいかわらずディーバの管理がうんこ過ぎるし、主人公の行動も『なんか頭わりーな…』って感じなのだが、でも感覚器に伝わってくる刺激としは面白いですね…。自由になったつもりでいてもハードウェアに制限されて、実は自由じゃないってところを突いたのは『お、やるやん』って思った。あと尻がいいですね。なるほどねって感じ。

GO:クサいシーンがたくさんあるんだけど(柴崎コウとかあの警察官とかさ、あんなやついねーよ!)、友達が死んだところでグショグショに泣かされてしまった。友達の葬式の後で寄席を聞きに行って、寄席を聞かずにシェイクスピアを読むってシーンを最初に考えやつが天才すぎる。なに?どこから来たのその発想?って思った。素晴らしい。あと山本太郎が相変わらずいいキャラを演じてますね。クサいセリフでも山本太郎が言うとバシッと決まったように感じるから不思議だなと。

パッチギ:暴力シーンは大変よかった。話は懐古厨めいておりクソな部類。

小さいおうち:隠れたメッセージをくみ取るのがおもしろいでしょ!って、そういうことなんだろうけど、くみ取るのが簡単すぎたし何がおもしろかったんだろうか…って感じだった。現在時制いるかなぁ…って思った。イマイチ共感できない。

お嬢さん:いや~他人に勧めたくなる~。百合ジャンル映画は数多いんじゃないかと思うけど、こんな風にドロドロになるまで煮詰めてくるのはやはり滅多に見れたもんじゃないから、ものすごく良いものを見たように感じる。そんでただ濃密な百合というだけじゃなくて、話自体がめちゃくちゃ面白い。二転三転するから「え!そう来るのか!」という驚きがあって、ずっと目が離せなくなる。話の流れにすごくワクワクする。それでいて所々めちゃくちゃエロくて、『こんなのスクリーンで見ていいんですか…? ああん恥ずかしい…』って思ってドキドキする。ちょいちょい挟まれる「ちんぽ」の発音にはちょっとウケる。「ちんぽを守って死ねて~」のシーンは劇場で笑いが共有されて、ああこういうのっていいなぁって思った。ラストシーンで鈴をお互いに着けてエッチするのとかも天才かよwて感じ。これは大変いい映画です。ものすごくいろいろなものが詰まっている。難点があるとすれば、韓国人俳優のたどたどしい日本語の発音に慣れるかどうか、というところ。

ワイルドスピークアイスブレイク:もうねアホかと。超よかった。『え!

車なのにそんなアクションが出来るんですか!』って感じ。できるわけないだろ。めっちゃ面白い。今回は「車vs潜水艦」ですからね。初めに考えたやつ頭が悪すぎる。最高かよ。マッチョな囚人に鎮圧用のゴム弾が効かないのとか、めちゃ笑いました。

 

 音楽は最近、銀杏boyzとか、number girlとか、未来電波基地とか聴いてます。邦バンドが強い。ただ透明雑誌なんかもよく聴いてる。ナンバガよりメロディな感じがする。そんなところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾道てのひら怪談(2017)に落ちたので作品を供養します。

そのうちカクヨムに投下しようと思います。なろうに投下するよりも良いと思うので。

 

供養①【無駄な人生】

 尾道には小学生の頃、子猫を捨てに来たことがある。ここには他にも猫がたくさんいるから一匹でも生きていけるだろう……というのは建前で、ただ遠くへ行きたいだけだった。父が出奔する前の家族旅行の思い出がそうさせたのかもしれない。

 それは父が拾った野良で、人には全く懐かなかった。可愛くない。私は生傷だらけになった手を見て、そう思っていた。

 寝ている隙に三重にしたスーパーの袋で捕まえて、口をきつく縛り、鞄の底に押し込めた。電車に乗ってる間に大人にバレたらどうしよう。そう心配する一方で、少女だった私は密やかな冒険に興奮していた。

 しかし本当に幼かった。袋に空気穴を開け忘れていたのだ。これは死体だと分かるようになると、途端にそれが不衛生に感じられるようだった。それからその亡骸をどうしたか、よく覚えていない。

 生き物が窒息死する時、眼球が飛び出す。失禁する。警察官になった後もそういう死体をいくつも目にした。

 尾道で浮浪者の変死体が密室で発見された事件。私の父が殺された事件でもある。死体を見てハッとしたのだ。でも私はそれを黙っていた。捜査から外されることを恐れたのだ。

 絞殺死体がなぜ水槽に沈められていたのか。犯人が密室の漁師小屋を抜けた方法は。なぜ広島で目撃された浮浪者が尾道にいたのか。

 結局のところ迷宮入りした事件だが、私には予兆めいた何かが初めからあった。だからこそその後も狂ったように死を追いかけ、そして病んだ。薬に頼る生活はそれからだ。

 しかし今にして思えば、あれは本当に父だったのだろうか。腐った水の中で死体の容貌は相当崩れていた。もうそれは確かめようがない。私はただ緩やかな死を待つだけになってしまった。

 ここの潮騒は人に昔のことを思わせる。

 そういえばあの死体は海に捨てたのだった。

 

供養②【傾いた〇〇】

 学生時代、私が住んでいた木造寮は細く長いつづら折りを幾度か繰り返しながら、家々の隙間を縫い、奥へ奥へと進んだ先にある大きな楠木の隣に建っていた。この辺りは車も通れぬ窮屈な道ばかりで、寮自体も古色蒼然といった佇まいだったから、住人は言うまでもなく私のような赤貧ばかりだった。だが当時の私はこの人を寄せつけぬ迷路のような町づくりと、その奥で世間から隠匿されて人の活気を完全に忘れたねぐらに満足していた。

 四回生の冬、アパートの中廊下を挟んだ向かいの部屋の引きこもりが首を吊って死んだ。

 明け方近くに帰ってきた私は酒が入っていたせいもあり、わずかに右に傾いていた寮の廊下を気にも留めなかった。しかし、開かずの扉が今日に限って開いている。何かがこっちを見ている? 私は覗いてしまう。尋常じゃないほど首を長く伸ばした男が異様な目で私を待ち受けているとは知らずに。

 たかが人間一人の重さで建物全体が傾くことはない。皆がそう信じた。建物が傾斜に建っていたせいだと。しかしそれは違うのだ。

 一か月ほど経った頃、また深夜に帰って来た私は寮の傍らに立つ巨大な人影を認めて息を飲んだ。うなだれているように見えたそいつは、寮の左側の壁に額を押しつけて、寮をずずずっと頭だけで押していた。しかし首の骨が折れて上手く押せないでいるようだった。

 楠木の陰だ、きっとそうだ。私は汗で全身をびっちょりと濡らし、そいつを見て見ぬふりしながら、極めて小さな声で「ただいま」と言って、大分傾いた寮に足を踏み入れた。しかしそんな風に無視した私をあいつは確かに見ていたのだ。そっと二階に上がったところで、暗闇に浮く二つの目玉と目が合った。

 寮を飛び出してがむしゃらに走り、駅前の街灯の下で咽び泣いていた。そこは何でもない場所であったが、心底ほっとしたのだ。あの夜から坂の多い町に住むのが怖い。傾いた物を見ると無性に水平に直したくなるのだ。

 

供養③【黒草村】

 両親に捨てられたおれが行った村はO市の外れにあって、そこでは村人すべてが同じ農園で働いていた。子供はおれともう一人だけで、あとは外国人と年寄りだけだった。分校が終わるとすぐ農作業に出され、陽が沈むとさっさと飯と風呂の準備をしろとせっつかれ、朝早く起きると、朝げの準備をしてから分校に向かった。養父母は厳しかった。

 おれは自分があの村が何を作っていたのか知らなかった。村の年寄りに尋ねても「子供は知らなくていいんじゃ」「わけぎじゃないかの、ヒヒヒ」と子供をからかうような、黄色く濁った目を浮かべるだけだった。酩酊した養父は「草じゃ……」とだけこぼしたきり眠り込んでしまった。しかし草であることは見れば分かるのだ。

 優子はおれの四つ上の十四歳のお姉さんだった。奇跡的なほどあか抜けていた優子は広島からやってきたという噂だった。なぜこの村に来ることになったのかおれは知らない。

 優子はおれを構いたがった。その時の優子はツヤっぽい瞳と唇でおれを離さなかったが、おれはおれで、優子の優しさのようなものに甘えたがった。分校の休み時間だけが子供の自由にできる時間であった。

 月の大きな晩だった。古い養父母の家は外に便所があって、冷たい風が吹いていた。村の谷をびっしりと埋める草の黒い陰が風になびいて、ざあざあと鳴っていた。おれは早くここの生活から出ていきたいと願っていた。

 大人たちは納屋の中で優子を取り囲み何かを話している。その中は目がクラクラするようなニオイの煙が満ちていて、年寄りたちと優子の表情はしだいに溶けていった。優子の柔らかそうな体が滑らかに揺れた時、おれの頭は沸騰しそうだった。

 おれが村の農園に火を放ったのはその後のことだ。酔っ払った養父が車にひかれて死んだのもその夜だった。

 優子は数年後に手首を切って死んだ。

 

僕はこういうの好きなんだけどなぁ…というのがことごとく外れてしまったので、わりとダメージがあった感じです。特に『無駄な人生』と『傾いた◯◯』は私的に「キタナ…!」って感じだったんですけど。上手く行かないものです。『黒草村』はまぁ時間が無い中で適当に書いたわりに…という具合。でもまぁ今後も書き続けようと思います。

'17年2-3月

しばらく放置していたが社会人になったバタバタで忙しかったわけです。

 

映画(8)

アイマス劇場版: 天海春香がトップアイドルになったが故に新人アイドルと「みんなで楽しく歌って踊る」ができないというところが逆説的でよかったですね。それさえも乗り越えるというのがね。つよい。なんだあの女。仲間のアイドルが脇を固めてるというのがまたいいですよね。伊織めっちゃいい子。ミキちゃんもシオラシイ感じになっちゃって。千早ちゃんの余裕が出てきて成熟した感じもアァなんかいいなぁって感じ。

ストパン劇場版:  いつも一生懸命な宮藤を見ていると心が洗われるようです。ペリーヌさんとか、各キャラの“その後”を見られるのも嬉しいところです。私もペリーヌさんみたいな先生に教えてもらいたかった。ペリーヌさんみたいな姉がほしい。エロい!

葛城事件: あぁ父さん!って感じ(意味不明)。サラリーマンの悲哀の描写が好きです。思ったよりテンポよく見られてよかったですね。

暴動・島根刑務所: これはなかなか名作ではないかと。ライバルが対立したり共闘したり。刑務所っていうのはそういう熱いシチュエーションを作るのに向いてるロケーションではないか。最高ですね。こういうの超すき。

特攻野郎Aチーム: 最強。レンジャー同士で通じ合ってるのが謎すぎるのだが、まぁレンジャーだしな!(私はこのノリ好きです)

ザ・シューター: イイ映画ですね。ストイックで超かっこいいです。ここまでスペシャリストとしてのスナイパーを描いた映画は珍しいのでは。スナイピングだけじゃなくて地雷を使ったり、リアル寄りなミリタリーアクションにも満足できます。それにしてもつよい…。安易にセックスしないのもいいところです。

グラントリノ: アクションムービーにならずに最後までドラマ路線を行ったのはちょっとエモかったですね。

帝都物語: 話がまったく追えない。全然理解できない…。クソッ!かっこいいぜ......。理解できない映像を作ってよしされるのって超いいなって思うよ。幻惑な映像はさすが実相寺というところ。

 

小説(3)

双面獣事件: こういうのもアリかなって感じ。最近はミステリとしての厳密性を求めるよりも空想科学的な楽しさを求める感じになっています。海野十三的というか。嫌いじゃない向き。しかし属性盛り過ぎでは。

グランヴァカンス: 名作では...。ここまで緻密に書き込めるなんてすごい。あまりに密度が濃すぎる。グッと疲れる。最高。巨人に食べられるのが快感...ってところで惚れ込んでしまった。

解体諸因: 楽しい。人体をモノとしか見ないでバラバラにして遊んでる感覚。不謹慎というか、善悪とかもはや関係なく、とにかく死体をバラバラにして遊ぼうぜっていうドライな感覚が超すき。ゲーム大好きみたいな。これぞパズラーの醍醐味では。

 

音楽(2)

ドミコ[soo coo?]: いい感じですね...。大変好きなアルバムです。気だるげでローファイでサイケというか。グランジ的な厚みもあったりして。それでいてベルベットアンダーグランド的なエロい(?)感じもあったりして。やる気も無さそうです。まさに独特な音を出しますね...。マイララバイとか超すきです。

ドミコ[Delivery songs]: soo coo?に比べるとシューゲイザー的な音があって、なんとなくルーツが分かる感じなのがよいですね。プライマリケア!なんてねぇ~!超いい...。

 

仕事ですが、広告映像プロダクションで制作進行をすることになりました。いわゆる“PM”です。わりと死にたいです。早く一人前の“P”になって自分の理想とする映像で大儲けしたいものです…。それまで身体がもったらの話だけど。

 

天王寺動物園のフレンズ

f:id:m_samukawa:20170216230514j:plain

これはシロクマ。シロクマのいっちゃん。

 

f:id:m_samukawa:20170216233539j:plain

“首を大きく横に振りながらバックして、ちょっとすると前進する”という行動を同じ場所で延々と続けていた。「中身は機械なのでは...?」「ループ構文から抜け出せてない…」などと友達と話しながら2時間くらい散策した後、もう一度見にいってみると、なんとまだ続けていた。「1ループおよそ12秒だから2時間で600ループ!」とめっちゃ笑ってしまった。しかし後から調べると、これは不安を解消するための反復行動(他のシロクマもこういうことをするらしい)なのだと分かって、なんかヒドイことしちゃったかもしれない。

 

f:id:m_samukawa:20170216234022j:plain

クマは他にもいて、これはマレーグマ。木登りに適した長い手足を持っている。元気でめっちゃ動く。ツキノワグマとかは寝てたのに。

 

f:id:m_samukawa:20170217001502j:plain

アシカが想像よりデカいのでオススメ。超デカいのはオス。オスがハーレムを形成するとのこと。ふぅん。

 

f:id:m_samukawa:20170216234242j:plain

鳥類はホロホロチョウが丸っこくて美味そうだった。

 

f:id:m_samukawa:20170216234507j:plain

実際アフリカなどでは食用。ドット模様がキモチワルイですけど、たしかに鶏感...?

 

f:id:m_samukawa:20170216234643j:plain

 (すまん名前わすれた!)

 

f:id:m_samukawa:20170216234845j:plain

デカめの鳥もいた。

 

f:id:m_samukawa:20170216234911j:plain

フラミンゴが赤いの食べ物が赤いからって話だけど、ここでも赤い物を食べさせてるようですね。

あとこの人たち本当に一本足で立ってる。

 

f:id:m_samukawa:20170217000747j:plain

これは何ペンギンだったかな......えーと......デフォルトのペンギンですね!

 

f:id:m_samukawa:20170217001155j:plain

「あじ」←こういうユルさがたまらん

 

f:id:m_samukawa:20170216235209j:plain

これはチンパン。

 

f:id:m_samukawa:20170217000403j:plain

尻がすごいヒヒもいて「うわ!ほんとこんな色してるんだ!」ってなるからオススメ。

 

f:id:m_samukawa:20170217003929j:plain

テナガザルは本当に手が長い。

 

f:id:m_samukawa:20170217001959j:plain

お猿系は種類が豊富で見た目も華やかで面白かった(これはシロクロエリマキキツネザル)。

 

f:id:m_samukawa:20170216230626j:plain

これはオオカミ。

 

f:id:m_samukawa:20170216230723j:plain

完全にわんこ。

 

f:id:m_samukawa:20170216230835j:plain

ハイエナもわんこ。(上から見た図) (上から見られる!)

 

f:id:m_samukawa:20170216231101j:plain

「たぶんハイエナ」!

 

f:id:m_samukawa:20170216231210j:plain

この展示は「へぇー!」ってなった。ハイエナやるやん。

 

f:id:m_samukawa:20170216235522j:plain

これはねこ。

 

f:id:m_samukawa:20170216235531j:plain

腹まわりがねこっぽい。

 

f:id:m_samukawa:20170216235616j:plain

ピューマもねこ。

 

f:id:m_samukawa:20170217000239j:plain

寒い日だったせいか寝ている連中が多かった。サイ、ライオン、トラも寝てた。

 

f:id:m_samukawa:20170217002203j:plain

夜行性の動物を見られる空間もあってコウモリがじっくり見られる。

 

f:id:m_samukawa:20170217002213j:plain

大人気のメロンを独占するコウモリの図。

 

f:id:m_samukawa:20170217002356j:plain

これはアライグマ。アナグマやテンなどもいてレアモノ感あった。

 

f:id:m_samukawa:20170217002532j:plain

爬虫類・両生類の館もあったけど、私はこのあたり苦手なのであまり写真がない(恐怖で手ブレが...)。

 

f:id:m_samukawa:20170217002735j:plain

でもこういうのは面白かったです。

 

私はけものフレンズというアニメに触発されて動物園に行こうと思ったわけですけど、動物園はおよそ15年ぶりくらいだと思う。一緒に行った友達もそんな感覚で、こういう大人は結構多いのではないかと。思ったより新鮮な体験が多くて楽しかった。名前忘れちゃったのは反省してます。

以上、終わり。写真はまだまだあるけど、実際に見にってほしいというのもあるので。

 

第二回大阪てのひら怪談に落選したので作品を供養します。

ギャラリーの展示が終わりましたね。私は落ちました。でもちゃんと作ったものを公開することは大事なことだし、せめてこういった場所で供養しようかと。なろうとかカクヨムに落とすことも考えたけど、まぁ公開できれば何でもいいかなという次第です。(そんなおっぴろげてやってもな) (これ落選だからな) (というか公開していいのかな)

 

 

供養①【大阪人の姉が死んだ】

 姉が亡くなりました。姉は大阪人でしたので、芸能人の葬式でもないのに多くの弔問客、テレビと新聞社の記者、そして極道で式場がごった返して、たいへんな騒ぎになりました。

 大阪人は今ではもうかなり貴重な存在です。父も大阪人でしたが、同じく大阪人の義母と別れる時には、周りからたいそう噂されたそうです。私の母は普通の日本人でした。今にして思えば、父の転落人生は私の方の母との再婚がきっかけでした。間違いだったのかもしれません。

 ギャグセンの高い大阪人一人の骨から精製される「ナンデヤネン」は、百人分の抗鬱剤になり、人を休みなく三日三晩も働かせると言われます。そして多くの薬中と廃人を生み出しています。今ナンデヤネンの用途として有名なのは高齢者の尊厳死安楽死のそれです。ナンデヤネンは法律では認められていません。流通させているのは極道です。国は黙認しています。マスコミの人たちはそれを批難しているのです。

 父が弔問客に挨拶を読み上げます。家の外では絶対に使わなかった大阪弁です。姉の遺体を持っていかないで欲しい。涙声でそう訴えかけています。フラッシュが焚かれます。

 姉のことは嫌いじゃなかった。でも父は姉だけを可愛がった。

 ……ぼくとお前の血の中だけに孤独の遺伝子が流れとる……ぼくらはどうして生まれてきたのやろな……

 浴室から響いてくる声。

 あの日、父は地に臥した姉と血濡れの私を見て、その場に崩れ落ちました。私を殴ったりはしなかった。泣きじゃくるだけでした。

 姉の棺桶が極道の人たちに運ばれて、黒々とした人だかりの先へと消えて行く。

 今日で私の母が残した借金は全部なくなりました。

 明日から父と私だけの虚しい生活が始まります。

 

供養②【オオサカオバハンムシの巣】

 分かりました、順を追って話します。

 N駅から地下鉄に乗ったんです。いつもの通勤ルートでした。でもその日は違った。

 10人ほどいる乗客全員が私を見てるんです。《顔に何か着いてるのかな》と思いました。でも全員が血走った目をグッと見開いて、こちらを見ているんです。普通じゃなかった。

 それに皆どこかで見たような顔でした。体格や服装、髪型にまで既視感があって、押し並べて豹柄の太ったおばさんでした。

 伯母は関係ないと思います。でも伯母を思い出していたのも事実です。

 乗客の顔を見ていたら、強い吐き気に襲われました。だから顔を背けて、窓の外を流れる壁だけを見ていました。そしたら乗客たちが立ち上がって、ゆっくりと近づいて来るのが窓ガラスの反射で分かるんです。

 何人か突き飛ばしながら、私は隣の車両へと急ぎました。逃げようとしました。ちょっとの距離がやけに長く感じて、ほとんどパニックになって扉を強引に開けて、その先も見ずに飛び込みました。でもその先は大阪の家の台所だったんです。

 私はあの家にいたんです。

 庭にあったブランコがキイキイ鳴っていて、それで何となくあの家だと思いました。

 唐突に後ろから引き倒されました。何人かに体を抑え込まれて、咄嗟に《やめて!》と叫んだら、口の中に何か固い粒をたくさん押し込まれました。吐き出す度に何度も何度も。

 気持ち悪かった。ねばねばして。甘くて、頭がとろけそうで、景色が濁っていきました。

 下着を脱がされて、何か重たい物が私に覆いかぶさってきて、私を解体していく。痛みは感じませんでした。折りたたまれて……その後は分かりません、目覚めると病院でした。

 ……伯母はたしかに小児愛者でしたが、故人を悪く言いたくありません。

 もういいですか。娘を両親に預けてるんです。

 

供養③【ジョージ君と蛸】

 タコ社長の「蛸のワタも蛸焼きに入れてしまえ」の一存で、工場が新しく一個建った時は、俺も「そのワンマン経営ってどうなの?」と思ったけど、結果的にそれで破天荒のジョージ君にも再会できたわけだ。悪くない。

 破天荒のジョージというのは小学生時代の丈二君の二つ名だ。でも俺と丈二君は、5年生の時に向こうが埼玉から大阪に引っ越したきり疎遠になっていた。初めの数年は年賀状のやり取りなんかもあったけど、幼い友情の脆さを後に学んだ。

 だから寄せ場で丈二君を見つけた時は驚いたし、しょうもない成金に成り下がっていた自分にも気づかされて、世間が作った俺達の間の埋めがたい溝が切なかった。

 丈二君は「やるべきことがあるから日雇いでいる」と他の連中に漏らしていたらしいけど、一人だけ明らかに要領が悪かったし、他の連中から動かない左手を馬鹿にされていた。その話を聞いて「あちゃ~昔から不器用だったもんなぁ~」って俺は思ってた。思ってたけど。

 そのワタは普通のワタの5倍以上もあって、あの保健所をくぐり抜けてきた怪物だという噂だった。事実、日雇いを何人も飲み込んで穴だらけにしていた。こんなの創業以来だ。

 「だからそのワタはやめておけとぉ!」

 突如、丈二君が工場のトタン屋根を突き破って、荒れ狂う背中に流星のごとく墜落してきた。動かないはずの左手が意志を持ったかのように、それこそ蛸みたいにウネウネ動いて(印を結んでいるのか)、丈二君が「セイ!」と喝を入れると、ワタが「グォオ!」と鳴いて爆発した。瞬殺だ。血煙と肉の雨。唖然とする俺と日雇いたちを尻目に、ジョージ君は肉片の一つを摘まみ上げて一口でたいらげた。大喝采の工場にジョージ君が言い放つ!

「ワイの勝ちや!」

 俺は涙を流した!

 さすが破天荒だぜ!

 

 

友達に一番ウケたのが「ぜんぜん思いつかんけど3個出したいし!感覚だけで適当に書くか!」ってやっつけたジョージ君だったのは、なんというか、うーん...僕もジョージ君好きだけど......でもそういうのじゃないやんって感じ。ま、いっか。大阪のSUNABAギャラリーの展示は山下昇平さんの作品も他の作品も面白かったです。